×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  巡拝用品について

巡拝用品について

巡拝用品について
巡拝用品について
巡拝用品について

納経帳

四国八十八ヶ所などの寺院にて参拝後に、その証として墨書き・御宝印(ご朱印)をいただくための帳面です。
お納経は、ご本尊さまとお大師さまにお経を奉納した後に納経所でお受けください。
また、各札所のご本尊さま、お大師さまのご加護を受けるためのものでもあります。
お参りの際は是非お受けください。

納札

巡礼には欠かせない、参拝の証として納札に願い事などを記入して奉納します。
納札には、表面に参拝年月日、住所、氏名を、裏面に願い事を記入して、参拝する都度、本堂と大師堂にそれぞれ1枚づつ奉納します。

経本

四国巡拝や百観音巡礼に必要なお経が、般若心経を代表にほとんど入っています。
通常のお経本と違って、唱える順番の通りにお経が書いてありますので、初心者の方にも優しい商品です。

線香・ローソク

お参りの際にはローソクを1本、線香を3本(現在、過去、未来の意味がある)をそれぞれお供えします。
四国八十八箇所巡りの際は、本堂と大師堂をそれぞれお参りしますので、札所一ヶ所で計ローソクは2本、線香は6本を使うことになります。

防水さんや袋

巡拝に必要な納経帳、経本、念珠、納札、ローソク、線香などをまとめて収納することができます。

巡拝用白衣

お遍路の自覚にもなり、身も引き締まります。
四国八十八箇所の他、四国別格二十霊場の巡拝で着用される道中衣です。
お遍路さんの正装であり、俗世を離れて心の清らかさを象徴する浄衣でもあります。

輪袈裟

袈裟を簡略化したもので、霊場礼拝には必需品の正装具です。
霊場礼拝の正装具であると同時に、遍路の道中修行の身支度として着装することになっています。
白衣の上に首から下げます。修行中の印となります。「どんな時も堪え忍ぶ」という意味があります。
正装具なので、食事どきやトイレに行く時は外すのが決まりです。
また、輪袈裟を外すときには下に直接置かず、必ず上座や机の上に置きましょう。

輪袈裟止め

輪袈裟を止める必需品です。胸元で止めたり、白衣と輪袈裟を襟元で止めるタイプなど複数ございます。

念珠

お遍路参拝に欠かせない念珠(数珠)です。厄除けにもなります。
念珠(数珠)は「真言宗用」のものを使う、とされていますが、宗派によってスタイルは異なり、真言宗以外の数珠を使用しても問題ありません。
(真言宗では念珠と言います。)108の珠は、人の煩悩の数を表しています。

へんろ笠

お遍路さんがかぶるための竹で編まれた菅笠(すげがさ)です。
強い日差しから守ってくれる日除けとして、また雨風をしのぐ雨具として大いに役立つお遍路の必需品です。

金剛杖

俗にお杖は遍路をお導きくださる「弘法大師」の化身とも言われています。
四国遍路に杖は無くてはならないものです。
お遍路を無事完了したとき、杖は第八十八番札所大窪寺に納めるのが一般的ですが、自宅まで持ち帰り大事に保管した方が良いという人もいます。
いつか肉親が浄土に旅立つ時、金剛杖を添えてやればその功徳で冥土の旅も安心だからだそうです。